平々凡々

ただの女子大生が日々考えたことを書き付けます。

探偵、スイカバー

今週のお題「好きなアイス」


去年の8月、私は毎日毎日スイカバーを食べていた。

一晩で箱アイスをすべて食べてしまえるぐらいアイスが好きな私だが、とりわけスイカバーはボリューム、しゃりしゃり感、嫌味のない甘みと私の好きなアイス黄金比を満たしまくっているため気に入っていたのだ。

ところが、そんなスイカバーライフを楽しんでいたある日、私は店頭から突如スイカバーが消えていることに気づく。コンビニやスーパーを10店舗ほど巡り、アイス仲間にスイカバーの所在を聞いたりしたが、有力な情報は得られなかった。

その当時1日2本のスイカバーを食べ、水分も糖分もこのアイスで補給していた私にとってこの状況は死活問題だった。

もしや売り上げが悪いのかとロッテの株主総会資料まで漁り、スイカバーの売り上げランキングを確認までした。いろいろ調べてスイカバーのロッテアイス内売り上げランキングはトップ3に入ると知り、私は一つの結論に達した。スイカバーは夏限定なのだ。思い返してみれば9月になった途端スイカバーは店から消え去った。唯一9月以降もスイカバー目撃証言があったのは大学生協である。

何か固定ルートがあるのか在庫が残っているのか(アイスに賞味期限という概念はない)何だかわからないが大学生協にだけはスイカバーが並び続けていた。


今年もスイカバーはしばらくしたら店頭から消え、いつの間にか復活しているのだろう。

ああいった爽やか系統のアイスは夏にだけ食べるという人も多いだろうが私はできるなら年中食べていたい。

アイスが好きな人はほっといても年中食べ続けるのだから、スイカバーのような定番アイスはぜひ年中並び続けてほしいというのが今の私の切なる願いだ。